IR芸人への道

人生最後の仕事としてIR芸人の道を選んでしまった人間の成長と退化の記録

憧れの人

私には憧れの人がいます。

当の本人はまさか夢にも思うまい。いや、それ以前に私のことなど憶えていないに違いない。

にも関わらず、私にはずっと憧れの人です。

以前、新聞を見ていたら、その会社が採用に関連した話題で記事になっていて、そこに取材先としてその人の名前が出ていました。それで、ああ、Aさんだ…と思い出しました。大阪の、古い会社です。安定した、有名な会社です。派手さはないけれども。

 

では、なぜその人が憧れか。

それはまず美人だからです。若くはないけれども美人です。ある程度年齢がいっていて美人って、すごく魅力的です。かっこいい。そう、カッコイイのです。

美人なこともあり、やや取っ付きにくい印象があります。決して愛想がいいわけではないので、ややもすると怖い。でも話していくとそんなことはない人です。その感じもすごく好きです。

そしてオシャレです。少し派手目というか、オレンジ色などをさりげなく着こなしてしまう人です。初めてお会いしたときは素足にサンダルでした。割と派手なサンダルでした。ビジューがついたような。それがまた似合う、さりげなく。カッコイイ・・・・

 

もちろん、そんなことだけではありません。

ではなぜにそんなに心を捉えてしまったか。それはAさんが広報IRだったからです。

最初にお会いしたときは、お客さんとしてでした。私は打ち合わせに行ったのです。

当時私は金融の端くれにいて、金融業界というのはまた独特で。どこから何を言われるかわかったもんじゃない感もありまして。いや、金融業界だからではないかもしれませんが、独特な空気のある世界にいて私は戦々恐々として日々を過ごしていました。

たとえば、服装ひとつにしても。保守的というか…硬いというか…硬いというか。こういものだろうという決めつけがあり、またそれをする人たちがあまりに自信満々なのでタチが悪い。視野の狭い、自分が正しいと疑わない人たちが平気で他人を批判するのが大好きな世界でした。自分こそが神。違いがあれば、相手が間違っている。おう、そうともさ。

でも、打ち合わせに行った先のIR担当として、Aさんはそんな感じだったわけです。美人でオシャレで派手な華やかな印象で、割とラフ。かつとっつきにくい。

まぁ広報という意味では珍しくもないかもしれませんが、IR部門でもあったわけです。なので、同行していた上司が何を思ったかは知りませんが、私は腹のなかで喜んでいましたよ。フフフフフ。

 でもって、もうひとり連れていった担当は、Aさんが無愛想なのでビビっていたわけですが、私はひとりハートを送っていました。クソ真面目な打ち合わせの場で。

というくらい、その人が私は好きになってしまったのでありました。女同士だけど💖

だから、自分がIR担当になった今、時々その人のことを思い出します。自分もあんな風にオシャレでちょっと派手で、でも姿勢はスッとしていてカッコイイ、そんなIR担当者になりたい!と。スーツを着ているばかりではないさ。ジーンズのベンチャーでもないし。でも、ラフでカッコイイIR担当!最高ですね!

IRという地味な部門だからこそ、ギャップ萌えとでもいうのでしょうか?

そんな感じなのにIR。超カッコイイ。意表をつくザ・管理部門。IR担当として目指す第一歩は、派手、それに尽きます。

 

というわけで、またIR実務に関係のない話になってしまった。

私の日々はというと、無事地獄です。話したくてウズウズします。でも言えないのが辛いところ。それでも自分で自分を最高に優秀だと思う昨今です。

それはデキるからとかではありません。いきなり引き継ぎもなくやってる業務において、99パーセント自分の努力により道なき道を歩いている感じが、本当に自分えらいと大絶賛して過ごしております。

こんなこと、普通あります? ひどい話なんですよ、実は。

でも嘆いていても仕方ない。ものっすごく専門的な部分を実務ド素人の人間が果敢にもやっている!という事実に自分で酔っています。酔いすぎです。二日酔いです。

でも、そうでもしないとやってられないくらい、なんかものすごい事態に巻き込まれ、毎日毎日、そうだな〜、3カ月分くらいの学習量を毎日やってます、的なイメージです。脳みそが破裂する日も遠くない。

ものすごい情報量を毎日浴びているので、本当に被曝しているようなものです。そして、ああ、あと10歳、いや20歳若ければ、と思わない日はないです。

なぜなら成長できるから。プロを楽しめる時間が長いから。

人生無駄使いをしたツケが回ってきてます。とほほ

 

そして、決算のことを書くといいながら、こんな話になってしまった。

 次回こそは絶対に書きます。ド素人の決算開示にまつわるいろいろ編。